« Pepiteの美的な日々:ほほえみが多すぎる?! | トップページ | Pepiteの美的な日々:生きてます。 »

2007/03/29

Pepiteの美的な日々:サイと虎と小鳥たち

Img_2715  3月23日、大阪天王寺の市立美術館で催されていた展覧会へと、必要があって出掛けた。この展覧会については何も語る言葉を持ち合わせないので割愛することにして、その後隣接する天王寺動物園へ遊びに行くことにした。
 私はこの動物園を年に2回は訪れる。目当てはクロサイ。どことなく恐竜を思わせる姿(例えば、トリケラトプス)、そして愛嬌のある顔立ちがとてもかわいい。天王寺動物園のクロサイに一目ぼれして、時折思い出しては会いに行くのである。
 岩陰から顔を出し、きょとんとした目で私を(?)見つめるクロサイ。これはもうたまらない!! このかわいさには抗えない。というわけで、メロメロ。家ではわがままな愛鳥に憎たらしい目でにらまれることの多い私にとっては、癒しのひととき。長い時間ひたすら熱い視線をおくり、何度も大声で呼びかける私のことを、クロサイは不思議に思ったにちがいない。

                          ★

Img_2734_3   そして次なるお目当ては虎。私は虎が動物の中で一番かっこいいと思っている。精悍な顔立ち、しなやかな身のこなし、威厳にみちた姿、どの角度から見つめても完璧。子供の頃、私は将来虎のお嫁さんになるだろうと本気で信じていた。それだけに、虎への思い入れは強く、その姿を見つめるだけで、或る種の感動が胸に沸き起こる。それは、神様はこんなに美しい生き物を創造したのだという畏敬の念だ。ならば私のことも、もう少し美人に生まれつかせてくれてもよかったのに、という軽い嫉妬を感じはするけれど・・・・。
 しかし、この日の虎は私のそんなイメージをいくらか裏切ることになった。虎のもとを訪れたのはちょうど食事時。飼育員さんが餌を持ってやって来るのをそわそわして待ち焦がれる虎。その時、虎を眺める私の背後を飼育員が空の台車を転がして通り過ぎて行った。虎からはその飼育員も台車も見えないはずだが、台車の車輪が転がる音に虎は敏感に反応し、あわててその音のするほうへと駆け寄って来たのだった。餌がいつも台車にのせられて届けられるのだろうということが、誰から聞かなくてもよくわかる一場面だった。遠ざかる台車の音を、クビを伸ばして悲しげに追う姿は、まるで餌をねだるにゃんこ。威厳も何もあったもんじゃない!

 サイと虎に時間を費やしたため、あとは駆け足で動物たちを見て回った。けれども好きなシロクマのところに辿り着く前に閉園時間になってしまった。こんなことなら、あの展覧会での鑑賞をさらに足早にすませるべきだったと悔やまれた。
 ともあれ、動物たちの様子を動画に収めたのでご覧ください。

      「zoo_0001.wmv」をダウンロード

Img_2776_1   動物園を追い出された私は、次に小鳥ショップに向かった。そこで売り物のヒインコやビセイインコと長時間戯れ、小鳥屋の商売を邪魔したお詫びに、愛鳥CapiとBrunoへのおみやげを買った。アスレチックハウスという名のおもちゃ(左の写真)で、フックを鳥かごの天井に掛けて吊るしておくと、それに鳥が飛び乗って遊ぶというタイプのもの。
 すでにうちの鳥かごには同じようなおもちゃがあった。それはロープに鈴がついたもので、Capiはよくそのぶらさがったロープにとびついて、ちりんちりんと鈴を鳴らして喜んでいる。だからきっとこのアスレチックハウスも気に入るはずだと、胸を弾ませ購入したのだが、形態がゴツゴツしすぎているせいか、怯えてまったく近寄ることがなかった。
 このような失敗は数え上げればきりがない。愛鳥たちに嫌われたおもちゃが押入れの中にいくつも転がっている。その数々のおもちゃには私だけの思い出があり(無論、鳥たちには何の思い出もない)、購入時の胸のときめきを、そのひとつひとつについて、今でもむなしいほど鮮明に思い出すことができる。

 最近の失敗の中で特に残念に思えるのは、アウターバードバスという名のフード付きのImg_2777_1 水浴び器が無視されたことだった。半透明のプラスティック製なので水浴びの姿が観察できるというのが売りの品物で、しかもフードがあるため水が飛び散らないという利点もある。なによりも私の気を惹いたのは、この製品の外箱に印刷された白文鳥の水浴び写真だった(左の写真)。すっぽりと器におさまり、体半分水に浸かった白文鳥を見て、私はただちにこれを愛鳥Capiの姿に置き換えて、そのかわいらしい図に胸を打たれ、目に涙を浮かべ、ほとんど泣き出しそうになりながら、レジへと走ったのだった。
 だが、私のそんな思いとは裏腹に、鳥たちはこの水浴び器を完全に無視し続けた。しつこく粘る私の様々な作戦もまったく効果なく、アウターバードバスもまた、数週間後には、むなしく押入れの住人となったのである・・・・・

                      Capi
          Img_1091_2    

                        ★★★  

Img_2771  ついでにグルメ情報。前述の小鳥ショップを出た後、天王寺で食事をすることにした私は、時々立ち寄るアジア料理のお店「遠東」へと向かった。正しい名称は「ファーイースト」、つまり漢字名の直訳というわけだ。
 ここの料理はボリュームがあって、おおむねどの品もおいしい。グルメ記事を書いたことがない私ゆえ(専門は美的な悲劇の文学だから)、料理の詳細を記すことはできないが、せめてこのお店への道案内くらいはできそうだ。
 JR天王寺駅から、近鉄百貨店のある側の阿倍野筋を南に向かい、「遠東」の看板を見つけた所で、その筋を左折し、1分ほど進めば左上の写真のお店に到着。結構人気なので、満席であることもしばしば。
 ここでしっかりとおすすめのメニューを示したいところだが、この店ではいつも酔っ払いになる私の記憶は定かではない。そのあやふやな思い出に従えば、アボガドとクリームチーズのサラダ、鶏肉とナッツの炒め物(なにやら難しい名前のついた料理)、それからフォーが、一応おすすめ料理。
 お酒の種類も豊富で、めずらしい混合酒の数々を味わうことができる。そのせいで、私は酔いどれ人になってしまうのだ!
 皆様も機会があれば、お試しください。
                  Img_2772

|

« Pepiteの美的な日々:ほほえみが多すぎる?! | トップページ | Pepiteの美的な日々:生きてます。 »

コメント

サイって言うのがpepiteさんらしいですね。
なんか普通はかわいいとは無縁のちょっと地味な動物ですが、そう言うファンがいるとはサイ君も幸せです^^

トラって男性的ですよね。
私は動物ではチーターが好きです。
あの小さな頭にしなやかな体。
走っている姿しびれます。

動物園なんてもう数十年行ってないですが、たまには行きたいです。
生パンダが見たい。
昔一度上野動物園で見ただけかも。

この前おもちゃ売り場で、面白いものが売ってました。
http://www.thinkgeek.com/geektoys/science/6fd6/
antworksって言って、ブルーのジェルは蟻の食事であり、巣であるそうで、様子が観察できるというものです。
買おうか今迷ってます。
でも蟻を捕まえるのにはちょっとまだ早いですね。

投稿: Diane | 2007/03/30 01:43

>Diane様

antworks見ましたよ。
とてもきれいですね。ブルーが好きなDiane様のお目にとまるのもわかります。
蟻の活動が観察できるってのもすごい!
装飾品としての美しさも備えた優れもの。
私も買いたくなってきましたよ。
蟻つきで売ってくれたらもっといいのに。

チーターも素敵ですね。
私の中でもかなり上位にいる動物です。
あの顔の小ささと耳の形が好き。
昔人工飼育のチーターの頭を撫でたことがありますが、
思ったよりごわごわしてて、びっくりしました。
ちゃんとトリートメントしてね、と言いたくなったほど(笑)
走りのフォームの美しさは、チーターが文句なしに一番ですね。

Diane様も久しぶりに動物園へ出掛けてみてはいかがですか?

投稿: Pepite | 2007/03/30 11:00

お久しぶりです。
パソコンがやっとなおりました。

天王寺動物園に行ってきたんですね。
天王寺動物園といえば、フラミンゴのイメージが強かったですが、Pepiteさんのお目当てのクロサイも、なかなかチャーミングですね!

トラは私も大好きです!(実はタイガースファンだし^^;)
あと月並みですが、パンダも大好きだし、瞳のかわいいゾウや馬も大好き!

動物見てると本当に癒されますよねぇ~

うちのマイケルくんも、私の重すぎる愛情のこもった数々のおもちゃや猫用ベッドには、いっつも全く目もくれずに私を苦しめています。 
どんなおもちゃを買ってきても、ネコじゃらしの棒の部分(←もはやただの棒)だけが彼のお気に入りのようです・・・。


投稿: sala | 2007/03/31 05:27

>salaさん

私たちの「重すぎる愛情」を受け止めてくれないペットたち。
マイケルくんのおもちゃ談もこれまたおもしろい!
こうして私たちは悲しみを笑いにかえて、
自分を慰めなければならないようです。
しかしこの季節、そんな無情なペットたちを嘆いている暇はありません。
動物園に行かなくても会える馬たちの頂上決戦に胸躍らせて、
楽しい時を過ごしましょう。
家にも遊びに来てください。

投稿: Pepite | 2007/03/31 10:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151358/14421030

この記事へのトラックバック一覧です: Pepiteの美的な日々:サイと虎と小鳥たち:

« Pepiteの美的な日々:ほほえみが多すぎる?! | トップページ | Pepiteの美的な日々:生きてます。 »