« Pepiteの美的な日々:ブルーな気分 | トップページ | Pepiteの美的な日々:和太鼓発表会 »

2006/03/31

Pepiteの美的な日々:冬眠から目覚める!

アウトドア

 (神戸花鳥園の記事及び写真はサイドバーへどうぞ→)

 寒さに弱い私は、毎年冬になると引きこもり生活を続けます。そのせいか、今期も体重が3キロ増。といっても、嘆いているわけではありませんよ。なぜなら、春の訪れと共に始まるアウトドアライフが、私の身体の目方をきちんと修正し、ついでに悲劇にあえぐ重苦しい心を、少しは軽くしてくれるからです。
 そんなわけで、これからの時期、いつもは陰気な私のブログにも、活気に満ちた記事を載せることができるのではないかと思っています。私は四季の中で春が一番好きなんです。生きる喜びを心底感じることができるのはこの季節。夏は暑いし(酷暑も苦手)、秋は物悲しく孤独を感じなければならないし、冬についてはすでに述べた通り。
 美的な悲劇を期待してアクセスしてくださった方には申し訳ないですが、私の生命のバランス(年中悲劇では身が持ちませんから)を、できれば思いやっていただき、ご一緒にこの美しい季節を楽しみましょう!

Img_0892_1  さてさて、私のアウトドアといえば、乗馬にバードウォッチング、そして魚釣り。そのすべてを満たしてくれるのがキャンプです。野山に出掛け、馬で走り、鳥のさえずりを聴き、新鮮な食材(魚、山菜)を自らの手で獲得するといった野性的なひとときを、私は愛してやみません。
 そんな私に付き合って一緒に出掛けてくれるのは、女友達ではもっぱら鈴木さん。この鈴木さんとは、北海道のキャンプ旅行をしたり、九州の古墳を訪ねたり、近場の野山へ出掛けたりと、いつも楽しく過ごしています。
 野生人の私は、このような場合のパートナーとして、いわゆる「女の子」をちょっぴり面倒に感じるんです。虫がこわいとか、ここトイレがないじゃない!とか、髪の毛を乾かすドライヤーは使えないの?なんて言われると、かわいいなとは思いつつ、連れてこなけりゃよかったよと、感じずにはいられません。
 その点、鈴木さんは申し分のないパートナー。それを実感したいくつかの出来事を、ここで紹介しましょう。

Img_1599   まず、初めて一緒に北海道旅行をした時のこと。山道を登り、釧路湿原の展望台に辿りついた私たちは、互いに写真が趣味であることもあって、それぞれに思い思いのアングルで、広大な湿原の様を撮影しておりました。そこへやって来たなかなか美男美女のカップル。男性のほうは、その持ち物(かなり高級なカメラ)から、彼の趣味が私たちと同様に写真であることは疑いようもありませんでした。そうして撮影を始めた男性でしたが、ほどなく小さい羽虫の大群が展望台を満たし、うるさく私たちの周りを飛び回りはじめます。その男性のパートナーである美人は、「キャー、もういや!何これ?早く行きましょうよ!!」と言って、渋る男性を強引に展望台から連れ去り、そそくさと帰って行きました。
 せっかくここまで登ってきて、湿原の絶景を撮影できなかった男性に同情しながら、私はふと鈴木さんのほうに目を向けました。すると、見たこともないような虫が鈴木さんの顔にふたつほどとまっていましたが、特に気にするふうはなく、カメラを覗きこんでおりました。ああ、このひとと一緒でよかった!!と、私は心から感じたものでした。

Img_1593_1  そして翌日の乗馬。この日は車では入れない獣道を馬で散策するプランで、釧路の鶴居村にある牧場の馬に乗り、別の角度からの湿原へのアプローチを試みました。お弁当を持って午前中に出発し、夕方牧場に戻るというかなりハードなスケジュールで、しかも険しい道を恐る恐る進んだ私たち。道中、私の馬がハチに刺されて興奮し、鈴木さんの馬に突進して、落馬するというアクシデントにも見舞われましたが、人馬とも怪我はなく、普通の観光旅行では決して観ることのできない、そして知ることのできない釧路湿原の奥深い美しさに触れることができました。
 さて、道案内をつとめてくれた牧場の男性(イケメン)が、「ここで休憩し、少し馬を休ませましょう」と言って、絶景のポイントで止まってくれました。私と鈴木さんは馬を木に繋ぎ、360度のパノラマを楽しみ、空腹を満たし、幸福なひとときを過ごします。そこへ、道案内のイケメンがやって来て、申し訳なさそうに言うのでした。
「あの、ごらんの通りのところですから、もちろんお手洗いの施設なんかはありません。もし必要があれば・・・、離れた藪の中で用を足してください・・・・」
Img_1594_1  もちろん彼は、にこやかにうなずく私たちが、ここで馬を繋いだあと何のためらいもなく一番にしたことが、野ションであったなどとは、知るすべもありません。

 そしてキャンプライフ。日中自然を満喫し、疲れきって戻る私たちの寝床は、簡素な山小屋かテントを張った大地の上。安全を考慮して、きちんとしたキャンプ施設内での宿泊ですが、エゾシカやキタキツネなどが姿を見せたり、北海道を体感できる環境です。
 キャンプ場の管理棟には、入浴の設備もあり、多くの場合それはシャワー室なんですが、100円玉を入れると、一定時間(あるいは量の)お湯が出るという仕組みになっています。
 管理人のおじさんが、シャワーの使い方を説明してくれたとき、「お湯が切れたらまた100円入れればすぐに出ますので。それからそこの両替機で100円玉にかえて、何枚か持って入ったほうがいいですよ。だいたい女性は300円ぐらいかかるようです」と親切に教えてくれました。もちろん、キャンパーの私たちはそんなこと知っているわけですが、「どうもご親切に、ありがとうございます」と、女の子らしくにっこり笑って応対しました。
「鈴やん、100円玉ある?」と、私。
「ちょうど二枚あるけど」
「じゃあ一枚貸して」
「うん」
 そしてそれぞれのシャワールームへ。

 5分後、管理棟のロビーのソファーにゆったり腰掛けて、濡れた髪をタオルで拭きながら缶ビールを飲む私たちに気付いた先程のおじさんは、まるで幻を見たかのような驚きを隠し切ることができなかったようです。
「お湯余ったわ」と、鈴やん。
「そうだよ、もったいない。二人で一緒に入ればちょうどよかったね」
という会話が、おじさんの耳に届いたかどうかは知らないけれど・・・・。

 
Img_1603  私も鈴木さんも、本来は一人旅派。いろんな国をひとりで旅してきた私たちは、一緒に出掛けても、異なる目的を持つこともしばしばで、普通の女の子同士のようにべったりと四六時中一緒というわけではありません。そんな点も互いに合っているのだと思います。
 私の周りのかわいい女の子たちは、一緒に旅行に出掛けると、まずはすごい荷物で(どこ行くのよ?)、旅行中も髪のセットがきまらないとか、あの服持ってくればよかったとか、ほんの小さな虫にギャアギャア言って、買い物ばかりしてるものですが、鈴木さんとなら、上述のように、そんな心配はいりません。
 今年もその鈴木さんとアウトドアを楽しむ予定です。その他にも、馬仲間のSALAさんとは4月中旬に、ウエスタン乗馬で遠乗りを企画しています。そして何よりも、明日は私のブログの読者でもあるファズさんと私の友人とで、神戸の花鳥園を訪れ、かわいい鳥たちと至福の時を過ごすことになるでしょう。
 とまあ、そんなわけで、根暗な私が期間限定でその性質を変え、明るい日差しのもとで活動することになりそうですが、正統派の読者の皆様は、私のブログの方向性が変わったというふうには、どうか捉えずにいただきたいと願います(笑)。

|

« Pepiteの美的な日々:ブルーな気分 | トップページ | Pepiteの美的な日々:和太鼓発表会 »

コメント

こんにちわ(o^∀^o)ノ

Pepiteさんはアウトドアのお好きな人だったのですね~!
私はわりとインドアな方かな・・・
でも、ずいぶん行ってませんが山菜取りや筍取りなどは好きです♪
虫は得意ではないですが目的のある時は、わりと大丈夫です(笑)
最初は怖そうですが乗馬って楽しそうですね(*'▽'*)
馬で大自然の中を走っていたら気持ち良さそう!!
活発なPepiteさんのブログ楽しみにしております☆

明日とっても楽しみです!!花鳥園も楽しみですがPepiteさんに会うのがとても楽しみです♪
緊張して変な言葉づかいになったらゴメンなさいね♪

投稿: ファズ | 2006/03/31 15:36

おいらも交ぜろっ!!
自然は好きだよぉ。
やっぱ、田舎の野生児ですからね、うちは。
でも、馬には怖くて乗れん(女の子じゃなくて、極度の高所恐怖症なだけ)。
pepiteちゃんや鈴やんの写真は素敵で気分がいいから
見てるだけでも満足するよぉ。
また、どこか行ったら思い出話聞かせてね♪

アウトドアついでにお花見はぁぁぁぁ??
MJメンツが、今年もしたぁい♪♪と騒いでおりますが・・・

投稿: ダリル | 2006/04/01 02:52

やはり地球人ですもの
でっかい自然を感じないと
生きてはいけない
そんな気がいたしますわ うふふ

投稿: dekako | 2006/04/01 10:39

>ファズさん

今日はどうもありがとう!
とても楽しい一日でした。
ファズさんがすごく美人だったので、
ビックリしましたよ。
今度は「美的なもの」として、私のブログに出演してください!
貧乏なので出演料は払えませんが!
今日は白鳥をはじめ、たくさんの鳥にかみつかれたけど、
ソフトタッチのオオハシの長~いくちばしが忘れられません。
花鳥園も大繁盛のようで、鳥ファンとしては一安心です。
私の友人も、美人のファズさんのファンになったようですから、
これからも末永くお付き合いください。
今日のメンバーで、今度はセントラルパーク行こうね!
すばらしい一日をありがとう。
感謝しています♪♪


>ダリルさん

ボンジュール!
今回の記事は私のかわいい女の子たちには大不評でした。
なぜいつも山やキャンプに連れて行ってくれないのか、
これではっきりわかったわ!!と・・・・
非難ごうごうのメールをいただいて、すっかり落ち込んでいます。
でも私の花嫁たちは、野山でよりもタウンで魅力を発揮するタイプ。
山道で、不必要な荷物がぎっしり詰まった重すぎるバッグを、「もう疲れた!歩けない」と言って私に授けるわがままな女の子たちのおかげで、
これまでどれほどしんどい思いをしたかを考えると、この記事ではっきり意思表示をしてよかったよ。
ダリルは自称「野生児」ということだから、
今度鈴やんと私の散策について来る?
でもそうすればきっと、私がダリルを背負って山道を行くことになりそうだけど・・・・


>dekako様

ブログにも記したように、今日はファズさんと、
私の友人たちとで、鳥の楽園を満喫しました。
ファズさんと会うのは初めてだったんですけど、
ファズさんはこのブログの写真を含めたイメージから、
私のことを比較的(dekakoさんほどではなくても)でかい系に想像してたようです。
その想像よりはミクロな私だったようで、
今日ばかりはdekakoさんの身長を借りたかったですよ。
もちろん、明日は遠慮しますが(笑)。
ところで、古典のミレーを引き合いに出した「でかい系ライフ。」の記事に感嘆!
農家のお嫁さんにはなれそうもない軟弱な都会人のdekakoさんも、私と鈴やんの散策には付いて来れそうにありませんね。
今後はもっとたくましい肉体になって、
体力をつけて、一緒にキャンプを楽しみましょう!

投稿: Pepite | 2006/04/01 21:16

こんばんは(o^∀^o)ノ

わぁ!美人だなんて・・・
おだててもブログの出演はできても今は無職なので何もでませんよ(笑)
今日は本当に楽しかったですね!
私はこんぱまるさんで手に乗せたインコの獣臭の匂いも忘れられません(笑)
少し緊張してたのと鳥に夢中になってたのとであまり皆様とお話できませんでしたがこれからも宜しくお願いしますとお伝え下さいね♪
セントラルパーク行きましょうね!
とても充実した楽しい1日をありがとうございます♪

投稿: ファズ | 2006/04/01 23:03

こんにちは♪
アウトドアいいですね~と言っても実は私・・経験がないんです。w
海、山でバーベキューするぐらいかしら?w
一度本格的なキャンプを経験してみたいです。
今度一度山登りにチャレンジしてみようかなとは思ってます。
馬で湿原を行くなんてステキですね。
日本の女性の行動範囲とは思えないほどかっこいいですね。
そういう趣味のお友達がいてうらやましい限りです。
私の友人は、そういう力強いナチュラル派がいないんですよ。私は力強いのですが。w
昔は虫とかいるところでは寝れないと思ってましたし、やはり髪型とか気にしていたかも。w
今なら出来ると思います。
機会があったらトライしてみたいです

投稿: Diane | 2006/04/01 23:18

>ファズさん

かわいい鳥たちと、そしてスリムで美人なファズさんとの出会いで、今日は本当に楽しい一日でした。
花鳥園の記事は少し遅れて掲載しますが、(太鼓の発表会の練習がハードなので)、是非、ご覧になってください。
私の友人にファズさんの伝言を伝える必要はありません。
これ、見てるはずだから。
私は本当を言って、関西弁はへたくそなんですが(フランス人なので)、ファズさんを必要以上に緊張させないために、すべての会話を関西弁でつらぬきました。
なんか変だなって思ったでしょ?、私の言葉・・・。
それから、私は決してお世辞は言いませんよ。
どちらかといえば、美については手厳しいタイプなので。


>Diane様

山登りでもキャンプでも、気が向けば誘ってください。
私と鈴やんがお供しますよ。
この記事で紹介した鈴木さんは、前にメールで言った、
The Gothicの幻想的な画像を、私よりも先に携帯の待ち受け画面にしていた憎い人物です。
虫も髪型も気にしないでください。
Diane様が洗練されたおしゃれな方であることは、すでに周知の事実なんですから。
そういう保証があれば、少々野生人になったとしても、
私や鈴やんのように野蛮な感じには思われないはずです!
ただし、Dianeさん、シャワーは100円以内で済ませてくださいよ。
Dianeさんが浴室から出てくるのを待ちくたびれるのは、私たちには退屈ですから(笑)。


投稿: Pepite | 2006/04/02 00:22

獣臭っていったいどのような臭いですの?
変な所が気になってしまいましてよ! うふふ

投稿: dekako | 2006/04/04 00:07

こんばんは!pepiteさん!
読み逃げばかりしていたちゅんたですがコメさせていただきます。
花鳥園のフォトの数々を拝見いたしました。
きれいに撮れてますね。そしてめったにない
触れ合いまくりの状況に指をくわえるばかりです(笑)。ひたすら羨ましいですね。
ところでファズさんはご自分で宮沢りえちゃん似と言われていたのですがそんな感じですか?

今回のブログを読んでいて感じたのですが
こんなにアウトドアな方だったんですね。
経験がないので良くわかりませんが私も
どちらかと言うと「髪形がキマらないの」系ではありません。どうもそういうのがめんどくさい。
私も野生児じゃなかった、野生人の仲間入りが
できるかもしれません!?
何はともあれ、何となく中途半端な気もしますが
またおッジャマします!!

投稿: ちゅんた | 2006/04/04 01:06

こんばんは~
久しぶりのコメントになりますですw
懐かしい写真ですね。写真の風景や2人の表情、ほんと最高ですね!!
唯一2人が真の姿が出せる場所じゃないでしょうか~♪
私も高校時代、体育科所属ともあっていろんな経験をしましたよ。
キャンプの時は、お風呂も何もない山奥に3日間滞在させられ、
定番のキャンプファイヤーや飯盒炊飯、日が昇れば山登りと女らしい一面なんて
出せる事出きなかったですよ。
こういう話をすると懐かしく思いますが、二度と戻りたくない時期ですね・・・。

投稿: nao | 2006/04/04 02:28

>dekako様

獣臭っていうと大袈裟かもしれないですが、
草食の小鳥が放つとは思えないような、
ちょっと鼻をつく体臭だったんです。
でもかわいかったので、あまり気になりませんでした。
それから、でかい系のインコ(赤)の写真、迫力あったでしょ!くちばしでかい系などもいて、ある意味、でかい系ワールドでしたよ!


>ちゅんたさ~ん

ようこそ!そしてコメントありがとうございます。うれしいな!
鳥と触れ合える花鳥園はとっても楽しかったです。
小さなカップ(小さすぎる)に入ったエサが100円で売ってるんですが、
ファズさんと私はいくつ買ったかわからないほど・・・
オープンしたばかりということもあって、まだインコの数は少なかったんですけどね。
ファズさんが宮沢りえ似か?というおたずねですが、そうですね、そう言われてみるとそうかも。
かわいいひとでしたよ!

ちゅんたさんも野生人の仲間入りしますか?
アウトドア、楽しいですよ~。
ちゅんたさんが野生人デビューするかどうかは別として、
鳥仲間であることは間違いありませんから、
仲良くしましょうね~!
ちゅんたさんのブログ「碧いつばさに」へも
また遊びに行きますので、どうぞよろしく。


>nao

お久しぶりです。元気にしてましたか?
私のほうは桜を目前に、ハイテンション!(もちろん桜花賞の桜)。
風呂もない山奥に3日間って、大変でしたね。
naoが女らしいタイプかどうかは知らないけど(笑)、ハードスケジュールであったことは確かなようです。
私と鈴やんもアウトドアライフでは、女らしさを押し殺して、
野生人になりすましてるんですよ!

投稿: Pepite | 2006/04/04 09:52

くちばしでかい系のオオハシさん他 たしかに
でかい系生物がいっぱいいらっしゃいますわね! 
神戸花鳥園 あなどれませんわ うふふ

投稿: dekako | 2006/04/05 11:26

>dekakoさん

鳥のでかい系についても、
そのうち話題にしてください(笑)

投稿: Pepite | 2006/04/06 09:04

神戸花鳥園オープンしてたのね!!
私も行ってみたいと思っているので
予定を合わせて行きたいと思います~♪
・・・・誰と行こう^^;
動物と触れ合えるって最高だよね!!
癒されるわぁ(*ノノ)

投稿: nao | 2006/04/08 19:33

>nao

そうです、花鳥園オープンしました。
でもまだインコの数が少なくて、
ちょっと寂しい気がしましたけどね。
今後数が増えたら改めて訪問するつもりなので
もちろん一緒に行きましょう。
それから、たまには中央を離れて、
園田競馬ツアーも計画中なので、
こちらのほうの参加もご検討ください。
なにはともあれ、明日は桜が咲くといいですね。
私の本命はもちろん芦毛の女の子です。

投稿: Pepite | 2006/04/08 22:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151358/9322209

この記事へのトラックバック一覧です: Pepiteの美的な日々:冬眠から目覚める!:

« Pepiteの美的な日々:ブルーな気分 | トップページ | Pepiteの美的な日々:和太鼓発表会 »