« なんという愛! | トップページ | Pepiteの美的な日々:論理美人たち »

2006/02/09

小鳥を愛する私の悲劇・2(Pepite)

「Capiに彼氏ができたようで・・・・」
capi

  悲劇を愛好するだけに、不幸に見舞われやすい私の人生。その悲しみは数え上げればきりがないのだけれど、ここにまた新たな私の悲劇を、皆さんに紹介することになりました。
 なんと愛鳥Capiに、恋の相手が出現!
といっても、お相手はずっと我が家で飼っているBruno(ブルーノー)君。私の秘蔵っ子で、これまで映像も出し惜しみして皆さんには紹介せずにきましたが、こうなってはBruno君を表舞台に引っ張り出すしかありません。(後ほど動画でその姿をご覧ください)。

 Brunoが我が家に来たのは今から約10ヶ月前。私がよく買い物に行く商店街のペットショップで、一羽ぽつんと売れ残っていた水色の小鳥。寂しそうだなと気になってはいたけれど、Capiのパートナーとして飼う小鳥は、手のりの子と決めていたので、手のりではないこの水色の小鳥は私の選択肢にはなかったのです。(小鳥は、ヒナの時期から人間が餌を与えて育てると、以後人間を怖がらずによくなつくようになります。これを「手のり」と言います)。
 けれどもいつもひとりぽつんと寂しそうにしているこの水色の小鳥の姿が、次第に私の心を揺り動かし、ある朝目覚めて、私はいそいで自転車を走らせ、この小鳥を引き取りに行ったのでした。

 我が家に来た水色の小鳥にはBrunoという名前を与えました。これはハンガリーの絵本に出てくるかわいいクマの名からもらったものです(ちなみにCapiは皆さんもご存知の有名なフランスの童話『家なき子』の名犬の名前です)。
 こうしてBrunoは家族の一員となり、私にはなつかないけれども、Capiとはつかず離れずといった具合の、浅い友だち関係になったようでした。
 そうです、Brunoの出現にもかかわらず、Capiのナンバーワンは依然私だったのです。私がその名を呼べば、Brunoなど無視して、すぐに飛んでくるかわいいCapi!

 なのに!ここ最近、急に二羽が仲睦まじくなり、私の入り込む隙は無し一体どういうことなのか!Brunoにほとんど興味を示さなかったCapiを見て安心していた私は、この急激な変化に戸惑うばかり・・・
 我が愛鳥Capiよ!お嫁に行くにはまだまだ早すぎる!世に言う「親離れ」なんて言葉は無視していいのよ~!いつまでも私の娘でいるほうが、わがまま放題で、ずっと幸せなはず!!!!

 しかしもはや、私の叫びはCapiには届きませんこのBruno君、人間で言えばジャニーズ系の美少年。ただ、オスなのに小柄なことで売れ残っていたのでしょうが(愛鳥家の多くは、小柄な小鳥を敬遠するのです)、どのみちおてんばで、容姿も性格も悪いCapiにはもったいないほどの美しい男の子。それはわかっているのですが、私は寂しさを拭いきれません。

 ラブラブのCapiとBrunoの動画を、涙ながらに編集しました。どうかこの仲睦まじい二羽の映像の向こうには、打ち捨てられた私の悲しみがあることを忘れずに、観ていただきたいと願います。
 
 「capi_et_bruno.wmv」をダウンロード (ああ、悲しい~!)

 どうです、皆さん!これで私の悲劇が手に取るようわかっていただけたのではないでしょうか?未来永劫に私の小鳥であったはずのCapiよ!私はこの悲劇にどうやって耐えてゆけばよいのか?!と言いながら、実はCapiの成長に、心の「片隅」で微笑む私。
 よければ、もうひとつ動画を観てください。これはCapiがまだ私のものだった頃の、輝かしい、そして本当にかわいい映像です(去年の夏、「私の保護のもとに」水浴びをする姿)。

 「capi_summer_2005_short.wmv」をダウンロード (娘よ~!)

関連記事:小鳥を愛する私の悲劇・1
       嫌われた贈り物

 

|

« なんという愛! | トップページ | Pepiteの美的な日々:論理美人たち »

コメント

こんにちわ♪

前にクルクル動画見たときに少しブルーノーくんが写っていてこの可愛い子は誰?って思ってたのですが、カピちゃんの彼氏だったんですねー!
ブルーノーくん美少年だからカピちゃんが好きになるのも無理はないけど…育て親としては寂しいですね。。
でもなぜか今回のPepiteさんの悲劇を読んで笑ってしまいました…娘を嫁にだす親の心境みたいで(^^;)ゴメンナサイ!
>心の「片隅」で
の文章の片隅が小さい字になってますね(笑)片隅って感じがします(笑)

ペアになったら親離れしちゃいますもんね。。
愛するカピちゃんの子供ができたら寂しさもなくなりますよ!きっと!

動画帰ったらもう一回ゆっくり見ようっと(笑)
りょうくんに見せてみたい!

投稿: ファズ | 2006/02/09 13:20

カピちゃん、相変わらず可愛いですね! ブルーノ君とこんなに仲良くなるなんて、私から見ればとても微笑ましいですが、Pepiteさんにとっては寂しすぎですよね! そういえば私はブルーノ君の美しい姿を前にも拝見しましたが、今初めて名前を知りました。 聞こう聞こうと思いつつ、Pepiteさんがカピちゃんの話を幸せそうに話す姿をみると、私もついカピちゃんの話にかまけて、ブルーノ君は、あのブルーの男の子と何とも大雑把な呼び方で済ませてしまっていました。 そんな、ブルーノ君がカピちゃんに愛され、脚光をあびる日が来て、私はちょっと嬉しいです。

投稿: sala | 2006/02/09 19:46

彼氏を友達に紹介したら、
友達に彼氏とられちゃった状態 でございますね。
こうやってまたひとつ、大人になっていくのでございます。

投稿: dekako | 2006/02/09 21:21

>ファズさん

どうも、ようこそ!
やっぱりファズさん、もう一羽いることに気付いてましたか!
そうなんです、その子がブルーノなんです。
隠していたわけではないんですが、
カメラをこわがり、しかも私になついていないので、
写真を撮ることができなかったんです。
でもカピの愛を勝ち取ってからというもの、
カメラも私も平気になったみたいです。
今は私の手からパンを食べるほどになりました。
(ぶるぶる震えながらだけど)。
まあともかく、めでたしめでたし・・・・
カピは放鳥中、かつてなら私の肩に乗ってたんだけど、
今は私の手の届かぬエアコンの上に二羽で並んで、
チュウばかりしてますよ・・・・


>salaさん

こんばんは!
いかがです、私の悲劇は?
ブルーノはかわいい私の小鳥なんだけど、
カピをめぐってはライバルなので、
やっかみから、salaさんにちゃんと紹介するのを
怠っていました。
今度我が家に来たときには、声をかけてやってください。
カピとちがって、手乗りじゃないので、
寄ってくることはないですが、かわいい子です、一応・・・。
よし!今年は今まで以上に馬に情熱を傾けるぞ!
春になったら一緒に馬を乗り回しましょう。
鳥なんてもういい!私には馬がいる!!
ちなみにフェブラリステークスは新星の芦毛の王子を応援します。


>dekako様

小鳥の世界では小柄が嫌われるようでございます。
私はこの記事で、ブルーノが売れ残った理由を書きながら、
dekako様のことをふと思い出して
ほほえんでおりました。
このような悲劇をこえて、
私も大人になれたらよいのですが、
今のところは、悲しみで胸がふさがれておりますわ!


投稿: Pepite | 2006/02/09 22:18

こんばんは。
動画拝見しました・・・Pepiteさん、2人の愛は本物ではないでしょうか。
寂しいでしょうが、2人の恋を応援してあげて下さい><b

しかし、小鳥は水浴び好きだよね♪
昔、実家で飼っていた○○ちゃん(名前忘れた)は、
母が鳥かごを洗っていると、ホースの先を追い回しては
水にかかっていってたようです。
母は「掃除が進まない」とよく言ってました(笑)

Pepiteさん私はカピ&ブルーノの子供を楽しみにしてます!!

投稿: nao | 2006/02/10 19:05

naoへ

いらっしゃいませ!
元気にしてますか?
なかなかお会いできませんが、
そのうち連絡しますね。
もっかAプロが大変忙しく、
駆け回っております(めずらしい?・・・)

小鳥は水浴びが好きですね。
でも全然興味を示さない子もたまにいるようです。
カピ様ご懐妊のニュースが、
そのうち流れるかもしれません・・・

投稿: Pepite | 2006/02/10 22:24

そうか~。とうとうブルーノーくんと恋に落ちちゃったかぁ。
うちが会った頃は、まだぎこちない2人だったのにね。
でも、2人が恋に落ちたきっかけを作ってくれたのはpepiteちゃんなんだから、きっと感謝してるはずだよぉ。

投稿: ダリル | 2006/02/10 22:45

ダリルさんへ

感謝などいりませんっ!!
ブルーノーには私の娘をただちに返していただきたい!!
ついこの間までは、私が出掛けるのを察すると、
大騒ぎして悲しんでいたカピ。
でも今は、「カピちゃんお留守番頼むね~」と、
やさしく語りかける私をちらっと見るだけ。
バレンタインデーに二羽にプレゼントするつもりにしていたチョコクッキーは、
くやしいので、今夜私が一人で全部食べました。
私の愛など、二羽には必要ないようなので!

はやく孫の顔がみたいな~。
次はこんな失敗(?)がないように気をつけます。

投稿: Pepite | 2006/02/11 00:31

小鳥の世界では「でかい系」がよろこばれるとのこと、
はじめて知りましたわ!
ワタクシも来世は小鳥になって、でかい系小鳥ライフ。
をエンジョイしてみようかしら うふふ

投稿: dekako | 2006/02/12 16:19

今晩は♪

今日もカピちゃんとブルーノくんはラブラブでしょうか?
動画昨日も一昨日も見ちゃいました!もちろん今日も!(笑)
カピちゃん本当に運動神経バツグンですね!!
りょうくんよりすばっしっこそうです(*^-^*)
一番上のカピちゃんの写真はPepiteさんのセーターにくるまれてるのでしょうか?
めちゃくちゃ可愛いです!

実は・・・今日はお願いがあって来ました♪
私のブログにリンク貼らせてもらっても良いですか?
もうすでに勝手にブックマークはしていたのですが・・・
もし良かったらリンク貼らせてください(*'-'*)
お時間があるときお返事ください☆

投稿: ファズ | 2006/02/12 21:58

>dekako様

確かに小鳥の世界では小柄は敬遠されておりますが、
dekako様の場合、来世は大鳥の「でかい系ライフ。」を、
エンジョイしていただきたいと思っております。
ということは、ワタクシもまた来世で
「でかい系大鳥ライフ。」の読者ということになりそうですわね♪
たとえ私が小鳥のミクロ系に生まれたとしても・・・


>ファズさん

えっ、私のブログにリンクを貼ってくれるんですか?!
それはもう、とっても嬉しいですよ!
私はファズさんちの読者の方々は、
コメントからよく存じているので、
いつもそのにぎやかな様子をうらやましく感じていました。
私の方からお願いしようと思ったこともありましたが、
ごらんのように小鳥の話題が少ないので、
遠慮してたんです。
もちろんすでに私の友達の愛鳥家たちには、
ファズさんのブログを紹介し、
りょうくんとファッちゃんの毎日を楽しんでもらっているんですよ。
今後、私のブログに未知の愛鳥家が訪れることも
あるかもしれませんから、
私のブログでも、リンクのコーナーにファズさんのページを載せておきますね。
ありがとうございます。


投稿: Pepite | 2006/02/12 22:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151358/8476048

この記事へのトラックバック一覧です: 小鳥を愛する私の悲劇・2(Pepite):

« なんという愛! | トップページ | Pepiteの美的な日々:論理美人たち »