« Pepiteの美的な日々:論理美人たち | トップページ | 美人論(井上章一著) »

2006/02/22

Pepiteの美的な日々:とっさの判断

 仕事の用事で、都市のとあるオフィスを訪ねた私。いつもはヨレヨレのジーンズにスニーカーという格好の私も、こんな時には仕方なくふさわしいスタイルをとるわけだが、馴染みのない自分の姿が他者の目にも滑稽に映るのではないかと心配になり、そのオフィスビルの化粧室で、目当ての会社を訪れる前に、めったにしないことだが、鏡で自分を点検することにした(私は鏡を見るのが嫌いで、ちなみに写真を撮られるのも苦手。撮るのは好きだが)。
 その化粧室は洗面所と用を足す場所とが別々になっていて、鏡を見る目的の私は入ってすぐの洗面所のほうにいた。私が鏡の前に立ったその瞬間、奥の用足し場から出てきた人影に唖然とした。
 なんで男がここにいるの?・・・と。私は驚いて、睨むような目つきで男を見つめた。男のほうも同じく驚いた目で私を見据え、私たちの視線は火花を散らしたのである。
 ここは女の領域よ、と自信たっぷりな私は、少しもひるむことなく、男に非難の視線を浴びせかけた。
 ところがその直後、用足し場からゾロゾロ出てきた男たちに私の自信は崩れ去り、(もしかして、ここは男子トイレ?)、先ほどの男に浴びせた非難の視線もオロオロしたものになり、今度は反対に、男たちの厳しい視線にさらされて、私は行き場のない不安の中に閉じ込められた。

 この苦境をなんとか切り抜けるために、私が即座に選んだ手段は(私は瞬時の決断力に富んでいる)、おかまになりすますこと。普段とったこともないようなわざとらしい女性的な仕草で鏡を見つめ、「私はおかまよ、男子トイレに間違って入った女ではなく、私はここにいる資格が一応はあるおかまなのよ~!!」と、無言で訴えて、そそくさと男子トイレを出て行った。
 そこに居合わせた男性たちがどう思ったにしろ、少しも怖気づかなかった私を見て、いろんな男がいるもんだなぁ、と思ってくれたことを期待する。

 この出来事によって動揺した私は、直後の商談では不手際の連続。しかしそんなことよりも、私の心を占めていたのは、その時の自分が本当におかまらしく見えただろうかという不安であった。                                                                                   

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<イベントのお知らせ>

和太鼓交流発表会
バックナンバー(12月3日)、「Pepiteの美的な日々:和太鼓」参照

日時:2006年4月8日(土) 開演18時(開場17時30分) 終演20時
会場:アゼリア大正ホール・小ホール
    (大阪府大阪市大正区小林東3-3-25 tel:06-6552-9713)

入場無料です(座席指定なし)

私のチームの出演は18時45分頃を予定しています。       
教室の紹介と簡単な演目を披露します。
私たちの出演時間は短く、しかもヘタなので、
みどころはありませんが、
発表会の終盤には、講師の演奏がありますので、
和太鼓の魅力を十分楽しんでいただけると思います。
お時間のある方は是非、観にいらしてください。

っていうか、絶対来て!

|

« Pepiteの美的な日々:論理美人たち | トップページ | 美人論(井上章一著) »

コメント

まあ! Pepiteさまったら お茶目でいらっしゃるのね?
ちなみにその時のお召し物は パンツスーツでいらしたの??
実はワタクシも 男子トイレで堂々と
ルージュをひいていたことがございますの。
きづいてもうろたえず堂々と出て行くというのが
ポイントでございますわね うふふ

投稿: dekako | 2006/02/23 09:35

あれ?
このお話、以前にここで読んだような気がするんですが、気のせいでしょうか?
いや~絶対に読んだような・・。
でも日付が新しいですね。
なんか記憶違いなのか・・いや、絶対に読んだような。

私も実は間違えて入ったことがあります。w
まだ10代後半でしたが・・・。(-。-;)

不思議とそういう時ってあせらないで、もう開き直って、逆に堂々としちゃうものですね。
私も平然として出た覚えがあります。
恐ろしき10代・・。(-。-;)

投稿: Diane | 2006/02/23 18:01

>dekako様

コメント、ありがとうございます。
ああ、よかった。dekakoさんにも経験あったんですね。
私ひとりじゃなかったのね。
ちなみにその時のスタイルは、きぐるみでした(笑)

>Diane様

勘違いではありませんよ。
Diane様はこの記事を読んでいます。
ただし、このブログではなく、
私が個人的に送ったメールで。
その時、この出来事をブログに載せようかと
Diane様に相談すると、
「美的じゃないけど、ある意味悲劇」というお言葉をいただいたので、
思い切って記事にしました。
ただ、それはもうだいぶ前のことですね♪
ちょっとためらってたので・・・。

Dianeさんにも私のような経験があるんですね~
結構、皆さん、体験済みなのかな。
だとすると、力づけられますね。

投稿: Pepite | 2006/02/23 21:38

Pepiteさん こんばんは♪

すごい経験をお持ちなんですね!!(笑)
でも、私も人のことは言えません。。。
昔、レンタルビデオを借りに行ったとき男性しか入らないコーナーに入ってしまったことがあります(^^;)
陳列してあるビデオを見てビックリして慌てて出ました(笑)
因みにまだトイレでの失敗はやらかしたことはないです(*^_^*)
この先やってしまうかもしれないので気をつけま~す♪

投稿: ファズ | 2006/02/23 22:16

>ファズさん

ファズさんにもそのような経験があったんですか!
では是非、トイレの失敗もやらかしてください。
仲間はひとりでも多いほうがいいですからね♪
一刻も早い「仲間入り」を期待しています!

投稿: Pepite | 2006/02/23 22:55

いつでも確認、また確認よぉ~~。忘れたのぉ~~。
でも、咄嗟の判断でも強気なpepiteちゃん。そんな、pepiteちゃんが私は好き♪♪

うちはトイレはないけど、小学校の時、クラスを間違えましたが??
しかも、ひとつ上の学年のクラス。
しかし、ああいう時のあの視線はほんっと痛いよねぇ。
そんな目で見なくてもいいじゃん。もっと心を広く持とうよ~~的な気さえする…

太鼓観に行きたい~~。
もちろん、MJ総出で…

投稿: ダリル | 2006/02/24 18:59

>ダリルさん

クラス間違えたって?
それ、トイレよりすごくない?
毎日過ごす学校でしょ?
私の間違いは初めて訪れた場所での出来事。
だから仕方ないのですっ!!

ところで発表会は是非いらしてください。
MJはPC持ってない人が多いので、
この記事を知らない人もたくさんいるはずですから、
ダリルからも宣伝しておいてね。
私はその昔、演劇の舞台に立ったことがありますが、
演じたのは「木」・・・。
一応顔はくり抜きで見えるようにはしてくれてたんだけど、
とても屈辱的な役柄でした。
演技力ゼロだから仕方ないにしろ(怒)
そんなわけで、事実上、これは私の初舞台。
感動的な私の和太鼓の演奏をお楽しみください(笑)

投稿: Pepite | 2006/02/24 22:57

この記事を見てから外出したんだけど、
出先でトイレに行こうと思って駅内のトイレまで行った時
Pepiteさんの記事を思い出してしまってめっちゃ確認しちゃったよ!(笑)
普段チラッと確認するだけなのにw
私も今までにトイレの間違いはないけれど、
ダリルさんのように教室間違いはあるかな・・・。
私の場合は移動教室の時だったけどねw
めちゃ恥ずかしかった!!

私も和太鼓の演奏会、都合つけて行きます♪

投稿: nao | 2006/02/25 10:44

>nao

トイレは確認する前に飛び込んでください。
そうすれば私と同じ熱い体験ができますよ。
一日も早い仲間入りを期待しております。

和太鼓は楽しみにしててくださいね。
元気一杯演奏します。
出番が終われば客席に行けますので、
皆さんと一緒に後半の演目を観るつもりです。
それからカネヒキリは圧勝でしたね。
ドバイでもがんばってほしいですね。

投稿: Pepite | 2006/02/25 21:43

「息子よ おまえの演技は主演男優賞ものだ!」
とナイーブのCMを思い出してしまいましたわ!
和太鼓のステージでは主演女優賞を目指して
くださいましね

投稿: dekako | 2006/02/27 15:11

>dekako様

実は、全体の構成からみれば、
今回も私の役は以前に演じた「木」と
あまり変わりありません(笑)

投稿: Pepite | 2006/02/28 10:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151358/8600360

この記事へのトラックバック一覧です: Pepiteの美的な日々:とっさの判断:

« Pepiteの美的な日々:論理美人たち | トップページ | 美人論(井上章一著) »