« Pepiteの美的な日々:おせっかいな患者 | トップページ | なんという愛! »

2006/01/29

アルルの女(アルフォンス・ドーデー著)

                 「美と倫理」

14daudet  フランス語を勉強しはじめて、一通り文法学習を終えた頃、私が初めて接した原文の文学作品はアルフォンス・ドーデーの『アルルの女』だった。憧れのフランス文学の世界をようやく原文で味わうことができるという喜びをかみしめながら、これまでの苦労が報われると信じて開いた本。
 しかしそこには、さらなる苛酷な勉強を私に強いる見知らぬ言葉がひしめいていた!。辞書を引き引き、一向に進まぬように思われる読書量にうんざりしながら、それでも日々新たに発見するフランス語の表現に魅せられた遠い昔・・・。
 ドーデー著『アルルの女』は、私にとってフランス文学の最初の一ページを飾る、思い出深い作品である。

 南フランスの牧歌的な村カマルグで、農家の長男として大切に育てられたフレデリーは、カマルグから見ると都会のアルルに住む美しい女と恋に落ちる。カマルグのような村の住人にとってアルルは「街」と言われる大都会で、そこでは、素朴な村の暮らしからは隔たった複雑な生活様式が存在し、田舎に住む人々はときにそれを得体の知れぬものとして恐れているようである。
 農家の跡取り息子のフレデリーが、「街」の女を娶ることを望んだとき、家族はその選択に当惑する。擦れた「街」の女よりも、農家の仕事をこなせる田舎育ちの女のほうが嫁としてふさわしいと感じるからだ。しかし、恋の虜になった若者に、そんなことを言ってきかせても、どうにもならない。
 だが婚礼が決まりかけた時、近くの村で馬の世話をする青年が、アルルの女と数年来情を通じていることが露呈する。フレデリーは打ちひしがれて、コケット(あばずれ)なアルルの女を忘れようと、素朴で心のやさしい村の娘ヴィヴェットを愛そうと努力する。
 そんな折、フレデリーは、アルルの女の情人が彼女を遠くへ連れ去ろうとしていることを知る。アルルの女を忘れることのできないフレデリーは、嫉妬と絶望に気を狂わせ、バルコニーから身を投げる・・・・。

 いうなれば、都会のすれっからしの女が純朴な農村の青年を誘惑し、恋の虜となった青年が破滅するという、ありがちな物語。しかし、このような激しい情熱が南仏ののどかな風景の中に描かれることにより、悲劇がいっそう際立つものとして、読者の胸に迫ってくるのである。また、作中で語られる村の風習や伝統行事などが、この物語に味わいある奥行きを与えていて、とても興味深い。

 実は、この物語で私の心をとらえた悲劇は、フレデリーを死へと追いやった悲恋の情熱ではなく、彼の家で羊飼いとして働くバルタザールという孤独な年配の男の、恋の物語であった。
 ある時、フレデリーはこのバルタザールに、アルルの女への絶望的な愛に苦しむ自分は、もうこれ以上生きていたくないと打ち明ける。青年の嘆きを受けて、バルタザールはかつて同じような激しい恋心を、一人の女性に抱いた自分の経験を語りはじめる。
 バルタザールが二十歳の時に雇われていた家の奥さんは、とても美しい人で、若い彼はすぐに彼女に夢中になった。だがバルタザールの素朴な心は、この道ならぬ愛を押し殺すことが自分の義務だと自らに言い聞かせ続けた。バルタザールとその夫人は、互いに惹かれ合いながらも、一度も愛を語り合うことはなかった。ただ、彼が一人きりで牧場にいるような時、彼女はやって来て、彼の隣に座り、本を読んできかせたりした。
 ある日彼女が言った。「ここから去って。私はあなたを本当に愛してしまったから」。
 バルタザールはその村を去り、フレデリーの家の羊飼いとして雇われることになる。以来、二人は一度も会うことはなかった。「しかし私たちは遠く離れ離れになったわけではない」、とバルタザールは言う。なぜなら、あれからどれだけの年月が過ぎ去ろうとも、彼女のことを思うたびに、こうして涙が溢れてくるからだと。 
 
 フレデリーのドラマティックな恋愛事件とは対照的な、バルタザールの恋の思い出。強い倫理観がこの恋の成就を許さなかったが、それは倫理が愛に勝ったということではない。バルタザールが自分の義務をまっとうしなければならぬという信念に支えられ、長い年月苦しみに耐え抜いたのだとしても、倫理はついに彼の心から、この愛を消し去ることはできなかったのだから。
 
 悲劇といえば、欲望をつらぬき、運命に翻弄され、やがてはセンセーショナルな結末を迎える場合がほとんどだが、バルタザールの恋のようなスタティック(静的)な悲劇の美も、地味とはいえ、なかなか捨てたものではない。
 とりわけ近頃では、欲望むき出しの、自己中心的な人物が引き起こす不快な事件や、小説の世界でも現代的なド派手な悲劇に出くわすようなとき、私はふと、この南フランスの牧歌的な景色の中でひっそりと生き続けた実直な羊飼いの恋の物語を、思い出すことがある。 

|

« Pepiteの美的な日々:おせっかいな患者 | トップページ | なんという愛! »

コメント

最近更新がなかったんで、どうしてるのか心配でした。
メールを送っても返事なし。
まさかまたインフルエンザに・・(今度はB型の)。
文学部(しかも仏文科)出身の小生より、
法学部出のPepiteのほうがよほどフランス文学に詳しいね~~。
ドーデーの著作は『最後の授業』が有名だけど、
個人的にはアルルの女を含めた『風車小屋便り』が好きで、
バルタザールの秘密の恋に涙を流した記憶があります。
そして今このブログを読んで、あらためて熱いものがこみ上げてきました。

Pepite,Tu ne veux pas te marier avec moi?

投稿: ミスターX | 2006/01/29 17:01

アルフォンス・ドーデーと言うと「水車小屋だより」を思い出しました。
小説のモデルとなった水車小屋を訪ねた思い出があります。
真っ青な空の下ポツンと佇む水車は、プロバンスの光に照らされきらめいていました。

アルルの女は有名な小説ですが、まだ未読です。
カマルグには行ったことがないのですが、魅力的な町ですね。
いつかまた再び訪れる機会があったら、ぜひこの本を読んでから行きたいです。


投稿: Diane | 2006/01/29 20:01

>ミスターX

いつもご愛読ありがとうございます。
近頃ちょっと忙しくて、更新が遅れていました。
といっても、月に5回の更新目標は一応ぎりぎり達成しております。
ブログにしては更新が少ないんですが、その分内容を濃くしようと努めていますので、今後もどうぞよろしく。
メールの返信が遅れていますが、おたずねの事柄が調査を要するものなので(生息時期、生態について諸説あり)、もう少し時間をください。

Non,pas du tout! Tu me fais rire!!


>Diane様

プロヴァンスを愛するDianeさんは、きっとこの南フランスののどかな風景を熟知しているのでしょうね。
私も今度フランスに行くときには、プロヴァンスを旅してみようと思っています。
そこにはきっと、パリやリヨン、マルセイユなどの都市には無い、本当のフランスの魅力があるのかもしれません。
ドーデーの作品には、牧歌的なフランスの村の生活が生き生きと語られていて、私はとても好感を持ちます。
プロヴァンス旅行に出掛ける前には、The Gothicで、フランスの美しい田舎町の情報を仕入れなければ!


投稿: Pepite | 2006/01/30 16:25

お馬さんのアルバム見ましたよ☆
そのうちカッちゃんのアルバムもできるんだろうね。
ていうか、もうできてる?
小説の話はわけわからんから、
Pepiteの美的な日々ばかり書いてくださいっ!(笑)

投稿: N様の妻 | 2006/02/02 21:45

>N様の妻

お久しぶりです。ブログを読んでくれてるとは、
知りませんでした。
かっちゃんのアルバムは今作成中です。
そのうち載せるので見てね。
それから「悲劇のコレクション」も愛してくださいよ。
なんといっても、これがメインなんだから!

投稿: Pepite | 2006/02/03 16:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151358/8335845

この記事へのトラックバック一覧です: アルルの女(アルフォンス・ドーデー著):

« Pepiteの美的な日々:おせっかいな患者 | トップページ | なんという愛! »