« Christmas | トップページ | Pepiteの美的な日々:幸せは遠い・・・? »

2005/12/30

ヴェニスに死す(1971年イタリア映画)

venis 監督 
ルキノ・ヴィスコンティ
出演 
ダーク・ボガード
ビョルン・アンドレセン
シルヴァーナ・マンガーノ


カンヌ映画祭25周年記念特別賞受賞

 「ヴェニスに死す」は、ドイツの作家トーマス・マンの同名の小説を、イタリアの映画監督ルキノ・ヴィスコンティが映画化したものです。
 時は1911年。イタリアのヴェニス(ヴェネチア)のリドで、療養を兼ねた休暇を過ごす著名なドイツの作曲家グスタフ・アッシェンバッハ(ダーク・ボガード)は、その地で同じく休暇を過ごすポーランド人の家族の中に、タッジュウという名の類いまれな美少年を見い出し、瞬く間に心を奪われてしまいます。芸術的創作の行き詰まり、人生の不幸、老年による身体の不具合などに悩まされ、心と体をやすめるために訪れたヴェニスで、アッシェンバッハを待ち受けていたものは、魂が震えるほどの美的な存在との出会いでした。
 芸術とは「倫理」であり、芸術家は「倫理の手本」であらねばならぬと考えてきたアッシェンバッハにとって、この美少年への愛は、それまで彼が信じてきた芸術の、あるいは人生の基盤を破壊してしまうほど、耐え難く、せつないものでした。
 ホテルの食堂に、ロビーに、浜辺に、リドの街中に美少年の姿を探し求め、さまようアッシェンバッハ。次第に常軌を逸してくる自らの行動に絶望し、倫理の崩壊を恐れた初老の芸術家は、ヴェニスを去る決意を固めます。
 ところが、運命のいたずらか、列車に乗ろうとしたその時、彼の荷物が違う目的地に誤って運ばれたことを知ります。「すぐに手配して、数日後に送り届けます」という駅員の言葉を彼は受け入れず、荷物が戻ってくるまでリドで待つと言い張って、タッジュウのいるホテルへと戻って行くのでした。アッシェンバッハはこの運命のいたずらを歓迎したのです。タッジュウの姿を再び目にすることができるという喜びが、アッシェンバッハの全身を満たします。そしてこの出来事により、彼を苦しめた倫理と愛の矛盾、厳しい対立が次第に影を潜め、もはや、感情のおもむくままに、彼はタッジュウの姿を追い求めるようになるのです。
 一方、この頃ヴェニスには死の伝染病が蔓延しつつありました。観光地として栄えるこの地にとって致命的な事実を、当局はひた隠しにします。事の真相に気づいたアッシェンバッハは、それでもタッジュウゆえに、ヴェニスを去ろうとはしません。タッジュウの母(シルヴァーナ・マンガーノ)に「即刻、タッジュウを連れてここを去りなさい」と訴え、まさにタッジュウの一家がヴェニスを発つその日に、彼自身がこの伝染病に倒れ、息絶えてしまいます。死にゆくアッシェンバッハが最後に見たものは、日差しを受けて浜辺に佇む美少年の、神々しいまでの生の輝きでした。

 
 私はこの映画を何度観たか、もう正確に数えることができません。気に入った作品は映画でも小説でも、何度も何度も鑑賞し、再読し、とことん向き合い、心に刻み、味わい尽くすというのが、私のやり方です。その数は半端ではありません。「この本大好きで、2回も読んだ」などと友人に聞かされるような時、たった2回?と私は驚きます。これが10回でも、私は少なすぎると感じるでしょう。私にとって真の名作とは、こうした度重なる鑑賞に耐え得るもの、少しも飽きることがなく、触れれば触れるほど一層深く心に刻まれるものと言うことができます。
 もちろん、そのような作品は、それほど多くはありません。「ヴェニスに死す」は、こうした前置きが示すように、私にとって真の名作に数えるもののひとつです。
0003venis  観念も信条も破壊してしまうほどの美の力を、これほど見事に表した作品は他にないと思えます。ビョルン・アンドレセンが演じる美少年タッジュウは、この映画の中で、まるで絵に描いたようなわざとらしいポーズをとって、繰り返し画面に登場します。普通ならこんな場面の連続は、観客をしらけた気分にさせそうなものですが、この映画の場合、必ずしもそうはなりません。なぜなら、彼が圧倒的に美しいからです。ともすれば、失敗にもなりかねない危うい演出を、ヴィスコンティ監督が堂々と表したのは、その美貌に絶対の自信を持っていたからなのでしょう。
 タッジュウの美の力を前に、なすすべもなく崩壊する著名な音楽家アッシェンバッハの悲劇を彩るのは、映画の全篇を流れるマーラー交響曲第5番第4楽章「アダージェット」です。このあまりにもせつなく美しい旋律が、セリフの少ないこの映画においては、完璧に言葉のかわりをつとめていて、深い感動を覚えずにはいられません。
 生命の輝きに満ちた若く美しい存在と、老いて、病におかされ、光を次第に失う芸術家の悲しいコントラストが浮き彫りにされるにつれ、この映画を観る者の心は、アッシェンバッハの滑稽とも思える行動や愛情に同情し、あるいは共鳴し、彼の側に立って悲劇を味わうことになるのかもしれません。しかし、これまで私が「悲劇のコレクション」の中で何度も繰り返し述べてきたように、美的な存在は、そんな悲劇には何の影響も受けません。息絶えるアッシェンバッハの前で、美少年タッジュウは燦然と輝き続けるのです。

 原作者であるドイツの作家トーマス・マンの作品について、前にも「トニオ・クレーゲル」を紹介したことがあり、私はマンのファンと思われそうです。けれども実はそれほどでもなく(笑)、芸術とは何か、人生とは何かといった主題を正面から論じることに気恥ずかしさを感じる世代に属する私にとって、マンの小説は、内容としては好きですが、いささか面倒で、退屈なものに感じることがあります。(とくに、「魔の山」なんかは・・・)。
 マンの「ヴェニスに死す」は二度読んだだけで(二度目は必要があって)、あとはもっぱらヴィスコンティが描いた映画のほうを偏愛しています。ヴィスコンティはタッジュウ役の少年を探して、ヨーロッパ中を駆け巡ったのだそうです。そして彼はようやくビョルン・アンドレセンという美少年を見つけ出したのでした。恐るべき執念です。そしてこの映画の成功の鍵は、ひとえにヴィスコンティが美少年ビョルン・アンドレセンを探し当てたことにあるのだと、私は思っています。

 かつて一大ブームを惹き起こした少女漫画「ベルサイユのばら」の主人公オスカルは、ビョルン・アンドレセンをモデルにしたものだったそうです。ベルばら世代で、オスカルに心酔した方々も是非この映画をご覧になってください。一年の終わりは、美的なもので締めくくりたいですね。

 (なお、この映画の美少年の名前については、タージオ、タドゥツィオなど、様々な呼び方がなされていますが、私にとっては長年タッジュウなので、ここではそのように記すことにしました)。

   
     

|

« Christmas | トップページ | Pepiteの美的な日々:幸せは遠い・・・? »

コメント

ヴェニスに死すはとても好きな映画のひとつです。
何と言っても美少年がすごい(^-^)
めちゃめちゃかっこいいですね。
これぞ王子様!!映画の内容は難しい気がするけど、というよりもわからないこと結構あったけど、
美少年が満点なので、評価がグーンとあがりました。
ダークボガードはイマイチのような・・・・・

投稿: saitou | 2005/12/30 23:27

saitouさんへ

ようこそ!私もあの美少年に一目惚れしました。
彼こそ正統派の美少年ですよね。
はじめてこの映画でアンドレセン君を観たとき、「これはただごとではない!」と、驚きました。
ヴェニスに死すについて、記事では長々といろんなことを言いましたが、本当はアンドレセン君の美しさにただ魅せられて、何度もこの映画を観てしまう私です。美的な悲劇のコレクションにふさわしい作品だと思いませんか?もっともこの場合、美的という言葉は、美少年の輝かしい姿だけにかかるような気がしないでもないですが・・・
ダーク・ボガードのあの化粧は、哀れです。でも本人は満足してる風で、不思議。話しかけることができるなら、「やめたほうがいいよ」とアドバイスしたい!
コテコテの演出ですが、ヴィスコンティの映画の中では、「山猫」に匹敵するほどの秀作だと感じます。

投稿: Pepite | 2005/12/31 01:20

もう10年以上前にまりますが、偶然ロンドンでダーク・ボカードに会ったんです。
ロンドンでも有名な本屋さんで、作家のサイン会をやっていました。
とても上品なステキなインテリ老紳士でした。
本の名前を見ると、ダーク・ボカードとあります。
私の知っているダーク・ボカードは俳優であり、作家ではありません。
だから同姓同名の人なんだと思ってその場を立ち去りました。
家に帰って知人のイギリス人に俳優のダーク・ボカードって本を書いてる?と尋ねると『イエス』と言う答えが返ってきたのです。
ぎゃ~~本買ってサインをもらっておくんだった~~(>_<。)~ アウ-!

イギリス紳士の代表とも言えるエレガントで紳士的な雰囲気の彼は、年を重ねてさらに磨きがかかり、ステキな老紳士となっていたのです。

ビヨルン・アンデルセンの美しさはもちろんのこと、音楽家アッシェンバッハが、自分の老いを隠す為に髪を染める場面が私は忘れられません。

決して思いが届くことのない恋なのに、少年の若さ、美しさを前に自分の老いを感じずにはいられない、でも少しでも少年に近づきたいという思いなのでしょうか・・・。

同性に恋をする・・・あんな少年なら性を超えて誰もが目を離せないでしょうね。
アインバッハの気持ちが良くわかります・・・。
美を崇拝する心には、性の区別もなにもないのです。
そこにあるのは、美のみ・・。

投稿: Diane | 2005/12/31 05:54

Diane様

ダーク・ボガードと会ったことがあるなんて!!羨ましいですねー。サインをゲットできなかったのは残念ですが、私もダーク・ボガードが本を書くなんてことは全然知りませんでした。文面から察すると、それはDianeさんがロンドンに住んでいた頃の出来事ですね。同姓同名の作家って・・・(笑)。有り得る?
私は「愛の嵐」でマックス役を演じたダーク・ボガードが好きです。Dianeさんが言うように、彼は立ち居振る舞いがとてもエレガントな男性ですね。

ヴェニスに死すでは、美少年の母親役として、美人女優のシルヴァーナ・マンガーノが出演していますが、彼女の存在感が妙に薄く、あんなに綺麗なのに、ここでは色褪せて見えます。タッジュウの美が強烈過ぎて、他のものは全部ぼやけて見えるというのがすごい!例えば、タッジュウの妹たちなどは、私には帽子のイメージしかありません。(私にとって、彼女らは帽子です)何度も観てる映画なのに、どんな顔してたかまったく覚えてない!

ところで、先日The Gothicの掲示板に書き込みされていたgoldencocoonさんのコメントは、Dianeさんの(The Gothicの)評価をとても的確に言い表していて、共感しました。私もあのようなことが言いたかったんです!

投稿: Pepite | 2005/12/31 16:28

明けましておめでとうございます。

今年もpepiteちゃんに栄光あれっ!!
今年一番に去年の汚れを落としてるダリルでした。

今年もよろしくお願いします。

投稿: ダリル | 2006/01/01 17:01

ダリルさんへ

新年明けましておめでとうございます。
年明け早々、いいことがあったようですね。
スタートは上々といったところでしょうか。
今年一番に去年の汚れを落とすとは、つまり、大掃除が去年のうちに終わらなかったことを意味するんだよね?

去年の汚れの中にたたずむPepiteより。

投稿: Pepite | 2006/01/01 18:59

新年のご挨拶に参ったnaoです。

今年のおみくじは何年ぶりかの大吉でした。
これも戌年という事で愛犬の竹蔵を連れて行ったおかげでしょうか♪
今年もPepiteさんに幸あれぇ!
これからも末永くよろしくお願いします♪

投稿: *nao* | 2006/01/01 23:09

naoへ

新年明けましておめでとうございます!
おみくじ大吉ということで、良い一年になりそうですね。たけぞうパワーだよ、それ!
私はまだ初詣に出掛けてません。
鈴やんと京都の神社にいくつもりなんだけど、
今の京都はすごい人だろうね~。
ともあれ、今年もよろしく。
1月5日の京都金杯は佐伯さんと我が家で観戦です。金杯で乾杯(完敗・・・?)。

投稿: Pepite | 2006/01/02 10:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151358/7879127

この記事へのトラックバック一覧です: ヴェニスに死す(1971年イタリア映画):

« Christmas | トップページ | Pepiteの美的な日々:幸せは遠い・・・? »