« Pepiteの美的な日々:失礼な焼きそば屋 | トップページ | Pepiteの美的な日々:草千里(くさせんり) »

2005/12/14

ある商人の思い出(Pepite)

 「1800円です」

 gourmet_marugoto 愛する馬たちに京都で苦しめられ(京都競馬場で惨敗)、重い足取りで家路につく数年前のとある週末の私。財布に残ったお金は2000円。最寄の駅に着き、電車を降りると、駅前にはかに売りの軽トラック。そしてその看板には、ずわいがに1800円、美人半額と記されていた。かには私の大好物である。
 私は頭の中でざっと計算する。まずかにが900円で、あと1100円残るので、ビールを2~3本と、我が家の小鳥たちへのおみやげの野菜も買えるな、と。
 私がかにの代金を900円と見積もったのは、自分を美人と思っていたからではない。そもそもこのかには900円の価値のもので、それをお客さんに気分良く買ってもらうための、商人らしい工夫であると考えたのだ。「お姉ちゃん、べっぴんやから半額や!」といった具合に。
 ところがこのかに売りはちがった。私が思ったような商売上の工夫など関係ない厳しいまなざしが、私を待ち受けていた。
 「かにください」と言った私を、50代なかばと思われるかに売りのおやじはじっと見つめた。
 そして、その審判に時間はかからなかった・・・・・。

 こういう体験をした時、大抵の人がどのように感じるかは想像がつく。倍の値段を払わされた上、不美人の烙印を押されるのである。不愉快にもなろう。
 だが、常日頃から美を至上のものと考える私はちがった。ビールをあきらめなければならない辛さはあったが、かに売りの審判に、むしろすがすがしさを感じたほどである。なんという勇気の要るやり方だろう!私はこのかに売りの男の中に、自分と同質の魂を見出したのだ。
 その後、このかに売りの車を見かけていない。だが冒頭に太字で記した彼の言葉「1800円です」は、芸術家が生み出す言葉と等しく、逆説的に美の優位を示すものとして、私の耳に今でも残っているのである。

 なお、この記事は迷った末、カテゴリー中の「悲劇のコレクション」のほうに加えることにした。

|

« Pepiteの美的な日々:失礼な焼きそば屋 | トップページ | Pepiteの美的な日々:草千里(くさせんり) »

コメント

もし私が買って「1800円!!」って言われたら「なんでやねん!」言いそうw
別に美人って思ってるわけじゃないけど、その商人にアウト!!って決め付けられるのがショックだ。。。
でもそういうお店では買う勇気ないかもwでもネタとしては面白いと思う。
しかしこの内容を悲劇にした阿部ちゃんはもっと最高だと思う^^

投稿: *nao* | 2005/12/15 00:14

で、そのカニは1800円の価値があった?
それとも、900円??

新喜劇のような展開に爆笑!!

そのおっちゃんに88点!!
tepiteちゃんの心の大きさに200点!!!

投稿: ダリル | 2005/12/15 22:52

ダリルさんへ(特別返信)

わけあって、今のところブログ内ではレスしないことにしてるんですが、今日は例外をもうけます。
まず、かには1800円以上の価値!(負け惜しみ)。それからおっちゃんの88点って、微妙な点数ね・・・。私には座布団100枚持って来い~~!!

かにの価値をどうしても強調したかったPepiteより。

投稿: Pepite | 2005/12/16 17:53

特別ありがとう!!
1800円以上だったと思い込めば、
微妙な点数のおっちゃんの点数も4点くらい上げときます。
余計微妙になりました…

投稿: ダリル | 2005/12/16 23:18

私なら最初に「スイマセン、私は900円になりますか?」って聞いちゃう。w

「いや1800円」って言われたら、「要らない」って帰ります。
買うか~w

むかつくなこのジイイw

それでも買って帰るPepiteさんはなんて健気で可愛いの。w

投稿: Diane | 2005/12/22 00:18

カニの写真に誘われてまいりましたわ。
あああ、今シーズンまだ一口もカニをいただいておりませんの
この不幸に比べれば、1800円以上の価値のカニを
1800円でたらふく召し上がったPepiteさまは
シアワセ者ではございませぬか ああ お腹が・・・

投稿: dekako | 2006/02/28 23:18

>dekako様

dekakoさんもカニ好きなんですか!
悲しいことに間もなくシーズンも終わってしまいますね。
くれぐれもカニ売りの軽トラックにはお気をつけあそばせ!
記事では強がったけれど、
本当は傷ついたPepiteでした。

投稿: Pepite | 2006/03/01 13:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151358/7621754

この記事へのトラックバック一覧です: ある商人の思い出(Pepite):

« Pepiteの美的な日々:失礼な焼きそば屋 | トップページ | Pepiteの美的な日々:草千里(くさせんり) »