« THE OTHER SIDE OF LIFE (HARTANI著) | トップページ | Pepiteの美的な日々:和太鼓 »

2005/11/25

金閣寺(三島由紀夫著)

yukio 「戸を叩きながら、私がどんなにその眩い小部屋に憧れていたかは、説明することができない」

 三島由紀夫の代表作ともいわれる「金閣寺」は、昭和25年7月に実際に起こった、青年僧侶による金閣寺放火事件を題材にしています。といっても、作家はいわばこの事件の外観を借りただけで、そこに自らの美学を注入し、無人の国宝を焼くという愚行を、現実の事件とは違う次元で扱っています。

 放火犯人となる青年僧侶は、舞鶴から東北の日本海に面したうらさびしい岬で生まれます。その岬の寺の住職であった彼の父は、彼が幼い頃から、金閣のことを語ってきかせます。「金閣ほど美しいものは地上にない」という父の言葉や、金閣というその字面が呼び起こす荘厳なイメージから、少年の心は幾重にも美しい金閣を想像し、やがてはその美を途方もないものとして描き出します。こうして成長した少年は、金閣を最高の美と位置づけ、美しい風景や麗人を見るときでも、<金閣のように美しい>と形容するようになるのです。
 病身の自分の命がもう長くないことを悟った父は、旧友である金閣の住職を訪ね、息子の将来を託します。父に同行した息子は、この時初めて現実の金閣を目にします。そして自分が心の中で育ててきた完全な金閣と、現実の金閣との間に隔たりを感じたのでした。彼は本物の金閣に失望したのですが、故郷へ戻ると、彼の心の中で日毎に金閣がその美しさを蘇らせます。「夢想に育まれたものが、一旦現実の修正を経て、却って夢想を刺戟するように」なり、彼にとって金閣は絶対の美として、君臨することになるのでした。

 修行僧として金閣のかたわらで過ごすようになった青年は、日々金閣の美しさを眺めながら、自分が美というものから疎外された存在であると痛感します。醜く、吃音障害を持つ彼は、およそとりえのない人間と自分を感じ、劣等感に悩まされていました。
 「金閣(美)が向こうにおり、私がこちらに居る」。それは青年にとって変えがたい事実であり、絶望でもありました。
 しかしこの望みのない事態が、戦争により急激に変化します。明日にも京都が空襲を受け、自分を焼き殺す火が同時に金閣をも焼くかもしれぬと彼は考えます。金閣と自分の間に共通の危難があることが彼を励まし、自分というつまらない存在と「美」とを結ぶ媒立(なかだち)を見出したことに、彼の心は酔いしれます。「同じ禍い、同じ不吉な火の運命の下で、金閣と私の住む世界は同一の次元に属することになった」と感じる彼にとって、戦争が続く間は「金閣を私と同じ高さまで引き下げ、そういう仮定の下に、怖れげもなく金閣を愛することのできた時期」でした。

 京都は空襲を免れ、終戦をむかえます。金閣と彼を結んでいたものは失われ、またもとの事態に逆戻りします。すなわち「金閣が向こうにおり、私がこちらに居る」という変わらぬ事態。しかし一度夢見てしまった以上、それは元よりさらに耐え難い事態でした。
 それ以後、金閣はあらゆる場面で彼の人生に立ちはだかります。彼が女と交わろうとするときにも金閣が現れ、邪魔をします。「そのとき金閣が現れたのである。威厳に満ちた、憂鬱な繊細な建築。剥げた金箔をそこかしこに残した豪奢の亡骸のような建築。近いと思えば遠く、親しくもあり隔たっている不可解な距離に、いつも澄明に浮かんでいるあの金閣が現れたのである。それは私と、私が志す人生との間に立ちはだかり、はじめは微細画のように小さかったものが、みるみる大きくなり、(略)私をかこむ世界の隅々までも埋め、この世界の寸法をきっちり充たすものになった」というふうに。
 彼はついに自ら作り上げた金閣という美の幻影を、現実の金閣もろともに焼き払う決意を固めます。

 金閣を焼くことによって、彼には自分の内界と外界とがつながるように思われたのでした。そしてこれまでとは違った世界が眼前に開けてくるのだと。
 金閣を焼く炎が彼の背後に迫ったとき、彼の脳裏には、自らもこの火に焼かれて究竟頂(くきょうちょう)で死のうという考えが突然生じます。
 究竟頂とは、金閣の最上階にある、隈なく金箔が張りつめられた美しい小部屋のことです。究竟とは、絶対にして最上、最後に到達する場所という意味を持ち、いうなれば、金閣の心臓部ともいえる空間です。
 金閣という美の幻影に囚われた青年僧侶は、金閣が内包する最も美しい小部屋で、金閣と共に死ぬことを欲します。
 しかし、究竟頂の扉は開きませんでした。
「戸を叩きながら、私がどんなにその眩い小部屋に憧れていたかは、説明することができない」。
 
彼がどれほど激しく叩いても、その扉は固く閉ざされたままでした。彼は金閣に拒まれている自分を明確に意識します。金閣は炎に包まれ燃え滅びながらも、彼を拒んだのです。

 こうした事件の外観だけを眺めれば、無人の国宝を焼くといった愚行に、人々は何の共感も抱かないでしょう。歴史的建造物の美が、そこまで一人の人間の心を支配するということ自体が、現実的な感覚からは遠く隔たった観念の世界のように感じられます。事実、この小説は三島が全精力を尽くして描いたものであるにもかかわらず、文壇の一部では、思想小説に至らなかった「観念小説」にすぎないという見方もあります。そして私自身もまた、そのように考える一人です。
 けれどもそうした評価が、私にとって「金閣寺」という小説の価値を低めるものではありません。三島由紀夫が言葉の限りを尽くして構築した観念の美の世界は、一見そこに誰もが共感し得る人間性が欠如しているように見えたとしても、少なくとも私の生は、深いところでこの悲劇に同調し、空虚に近い悲しみを、愚かな主人公と同様に感じなければならなかったからです。
 人は誰しも、心の中に自分の「金閣」を持っているのかもしれません。自らの乏しい力や魅力では到達し得ない何か。それが何であれ、自分とはかけ離れた何かを、空想の内で自分に近づけ、引き寄せようとするむなしい試み。そしてその夢が破れ、さめざめとした現実に向き合わなければならぬという絶望。
 こうした愛や悲観、絶望に「金閣」は少しも影響されません。「金閣」は炎に包まれながらも、その美を損ないません。燃え滅び、崩れ落ちながら「金閣」は毅然とした態度で、みじめな存在が生涯を賭けた愛を、拒み続けたのです。
 
      
                                    哀悼の意をこめて。
 
 
 三島由紀夫は1970年11月25日自衛隊市ヶ谷駐屯地東部方面総監室にて自決。
 その凄惨な死より今日で35年をかぞえる。

関連記事:The other side of life(三島由紀夫に捧げる)

|

« THE OTHER SIDE OF LIFE (HARTANI著) | トップページ | Pepiteの美的な日々:和太鼓 »

コメント

実に悲劇ですねぇ~。最後まで拒み続けられたところが特にいいですねぇ~。偏った愛は実らない方がいい。「金閣寺」を読んでみたくなりました。

投稿: sala | 2005/11/28 01:24

愛ゆえに相手を滅ぼすというテーマは、『サーカス』にも見られるようです。
金閣寺をなぜ実際に焼かねばならなかったか、その点が最後まで不可解です。心の金閣寺を焼くという訳にはいかなかったのでしょうか。

投稿: | 2010/08/19 02:11

shineすばらしい読み取り方ですねshine
いままでよく分からなかった「金閣寺」が、これを読んで、すーっと自分の中に入ってくるのを感じました。

投稿: | 2010/08/24 10:45

金閣寺はそいつの良心、美的感覚そういった綺麗な心系だと思って読んでみてほしい

投稿: | 2011/02/18 00:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/151358/7281852

この記事へのトラックバック一覧です: 金閣寺(三島由紀夫著):

« THE OTHER SIDE OF LIFE (HARTANI著) | トップページ | Pepiteの美的な日々:和太鼓 »